ハイジニーナの黒ずみ対策でお悩みの貴女へ!

ハイジニーナ黒ずみ

ハイジニーナの黒ずみは女性にとって非常に深刻な悩みですよね。

 

最近はハイジニーナ脱毛などを脱毛エステで行う女性も増えていて、特にハイジニーナの黒ずみ対策は女性の身だしなみとして定着しています。

 

ただ、せっかくハイジニーナ脱毛をしても、黒ずみがあると見た目が悪いですし、大好きな旦那さんや彼氏にガッカリされたくはありませんよね。

 

おすすめ美白ケアクリーム

そこで当サイトでは、悩みのもとであるハイジニーナの黒ずみのケア方法や対策について詳しくお伝えしていきます。

 

もしハイジニーナの黒ずみにコンプレックスを感じている方や、黒ずみのせいで自分に自信が持てなくて、恋愛などに積極的になれないという方は、一度チェックしてみてくださいね。

 

また具体的な解消法に加えて、ハイジニーナの黒ずみ対策としておすすめの美白クリーム売れ筋ランキングもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

<目 次>

  1. ハイジニーナの黒ずみクリーム売れ筋ランキング!!
  2. 当サイトがイビサクリームをオススメする3つの理由
  3. ハイジニーナ脱毛は黒ずみの原因になるのか?
  4. ハイジーナの痒みで苦しまない脱毛後のケアとは?
  5. ハイジニーナの黒ずみクリームの効果的な使い方
  6. ハイジニーナの黒ずみを消す為に生活で気を付けたい3つのポイント
  7. ハイジニーナとブラジリアンスタイルの違いって?
  8. ハイジニーナの正しい自己処理のやり方って?
  9. ハイジニーナの黒ずみに良い食べ物ってなに?
  10. ハイジニーナの正しい保湿ケアはどうすればいいの?
  11. VIO脱毛している女性の割合って多いの?
  12. 医療脱毛クリニックでVIOの黒ずみは消せるの?

ハイジニーナの黒ずみクリーム売れ筋ランキング!!

イビサクリーム ※当サイト一押し!!

デリケートゾーンの黒ずみをケアするトネキサム酸とお肌を整えるグリチルニチン酸の2つの薬用成分が綺麗な肌にします。保湿性、抗炎症作用のあるサクラ葉抽出液、大豆エキス、炎症抑制のあるカモミラエキス、美白作用のあるオウゴンエキスの4種類の植物成分が美白ケアをサポートします。ヒアルロン酸やグリセリン等8種類の保湿成分がデリケートゾーンに潤いを与えて保湿、理想的な状態に保ちます。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

緑
ハーバルラビット

ハーバルラビットとはデリケートゾーンにも使える黒ずみケアクリームです。デリケートゾーンにも使えるので肌が弱いところでも安心して使うことが出来ます。体が黒ずむ成分がメラニンという成分という名前がありますが、メラミンが体に出てくるのを抑える商品です。保湿成分もあります。毎日体をハーバルラビットでケアすることできれいな肌を保ちます。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

デリケートゾーン訴求
ピューレパール

モンドセレクション銀賞受賞、スキンケア大学ボディ部門おすすめコスメ掲載など実績多数、黒ずみに悩む数多くの女性に支持されています。水溶性プラセンタ、グリチルリチン酸2K、米ぬかエキスなどの美白成分を微粒子レベルまで小さくしているので、肌の奥の角質層までしっかり浸透して効果を発揮します。ワキだけではなく、全身の黒ずみが気になる部分に使うことができます。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

デリケートゾーン訴求
アットベリー

アットベリーはワキ・VIO・ひじ・ひざ等の黒ずみをケアします。浸透性コラーゲンオリゴなどの美容成分をナノ化し、浸透させる[内部ケア]、高分子ヒアルロン酸による[肌表面のケア]、セラミド、エラスチンで[ベールとバリアを作るケア]のトリプルサンド方式です。美容成分97,8%配合です。品質管理が万全の国内工場生産の日本製なので安心です。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

デリケートゾーン訴求

ヴィエルホワイト

春夏秋冬オールシーズン使うことができます。毎日のケアで本来のみずみずしい白さ、潤白のデリケートゾーンを取り戻すことができます。無添加で低刺激なので敏感な肌にも安心して使えます。黒ずみケアに効果の高い美容成分を3種類、毛穴やかさつきに効果の高い天然由来成分を11種類贅沢に配合し、合計14種類の成分が奥まで浸透、原因の元へ働きかけてくれます。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

ジャムウソープ

ジャムウソープ

サトウキビエキス、茶葉エキス、柿タンニンといった3つの天然素材がデリケートゾーンの気になるニオイを集中的にアプローチします。ツヤや潤いを与えるプラセンタ、滑らか肌にしてくれるカミツレといった成分が黒ずみを改善してくれるのと同時に、美肌へと導いてくれます。7種類の有効成分と2種類の酵素がデリケートゾーンのアンダーヘアーに働きかけて、ムダ毛をケアしてくれます。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

ホワイトヴェール

2つの薬用成分トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウムを配合しメラニンを抑えてくれます。厚生労働省はトラネキサム酸を医薬部外品の美白有効成分として認可しています。透明のジェルタイプで扱いやすいです。白色のクリームタイプと違い塗り残しが気にならず、べたつきもないので下着を汚す心配もありません。合成香料、合成着色料等無添加で刺激もないため、デリケートゾーンに使う際にも安心です。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

クレアフォート

クレアフォート

黒ずみの発生メカニズムを徹底アプローチして、肌の黒ずみを改善します。肌本来の強さを引き出し、自ら美しくなる素肌力を育むことで、美白効果を高めてくれます。乾燥や肌ハリ低下などの肌ダメージによる糖化から肌を守り、ハリと透明感を与えてくれ、まるで明かりが輝くように澄み切ったハリのある肌へと導いてくれます。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

デリケートウォッシュオイル

肌にスルっと馴染み、しっとりと洗い上げる低刺激のオイルで、塗ってしばらく置くだけで自然に汚れが浮き上がり、こすらずに清潔さを維持します。日本各地から無農薬栽培された素材を集めた、純国産、無農薬の自然由来の成分です。香りの女王である「ダマスクローズ」を使用し、それにモモ、カーネーション、カリンの爽やかで甘い香りでケアしながら、エレガントで美しい女性らしさを演出してくれます。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

Peach Rose

ピーチローズ

従来のヒアルロン酸を約300分の1にダウンサイズし浸透力をアップさせることで、浸透しにくかったお尻の厚い角質にもアプローチしてくれます。高濃度プラセンタとアルブチンが肌を整え、残存メラニンを含む古い角質をケアし、集中美白してくれます。無着色、無鉱物油、ノンアルコール、パラベンフリーの無添加と美容成分をオールイン化させたことにより、手軽にお尻のスキンケアを行うことができます。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

当サイトのランキングは、各ハイジニーナ黒ずみクリームの総販売数や、顧客満足度、また各口コミサイトのレビューや体験談などの評価を元に順位づけを実施したものとなっています。

当サイトがイビサクリームをオススメする3つの理由

イビサクリーム

塗るだけで効果が得られます!

一般的に効果の高い脱毛といえば、レーザー脱毛・光脱毛などの最新機器を使ったものをイメージされると思います。ですがこれらの欠点としては「費用がかかる」という事が挙げられなかなか資金が用意できない方が多いと思います。「イビサクリーム」は塗るだけで体の黒ずみを改善でき、デリケートゾーンにも使用できます。クリーム状のものなので気軽にいつでも黒ずみケアができ、まさにレーザー脱毛いらずとまで言えるものなのです。

沢山の美容成分が含まれています!

黒ずみ改善効果のほかにも「イビサクリーム」には肌に潤いをもたらす美容成分が含まれており、あなたのお肌を潤します。肌にみずみずしさを与えるほかにも、美白効果まであり美しい肌を形成してくれるのです。お肌の肌荒れを防止しするグリチルリチン酸2Kを配合しており、黒ずみを含むお肌のトラブルを改善してくれる効果から、多くの女性に高評価を得ているのです。イビサクリームを使用すれば、理想のきれいなお肌に近づけるはず。

敏感肌の人にもやさしい刺激!

「イビサクリーム」には、敏感肌のヒトにやさしい「刺激フリー」という特徴があります。刺激フリーとはその名の通り、肌への刺激が少ないことが特徴であり、なんと赤ちゃんでも使用をして良いほどの低刺激となっています。徹底的に無添加にこだわっており、合成着色料やアルコールなどの他の化粧品に含まれているような添加物は一切含まれていません。肌が敏感な人の味方であり、トラブルの改善をイサビクリーム一つで対応できる、まさに万能化粧品といえるでしょう。

公式サイトはこちら

 

>>ランキングを確認する

ハイジニーナ脱毛は黒ずみの原因になるのか?

ハイジニーナ黒ずみ原因

結論から言えばハイジニーナ脱毛で肌の黒ずみは起きません。

 

ハイジニーナ脱毛は美白効果のある光を照射し、体毛のメラニン質を焼き、肌の黒ずみを薄くする治療法です。

 

ですが、治療を行い体毛が薄くなっていくにつれ、それまで毛に隠れていた黒ずみが発覚してしまいます。

 

これこそがハイジニーナ脱毛で黒ずみが生まれてしまうという誤解であり、間違った噂の真相なのです。

 

黒ずみの原因とは?

 

ハイジニーナ黒ずみ脱毛

肌の黒ずみ、ここではVライン周辺の肌の黒ずみについての説明ですが、黒ずみというのは刺激によって起こるものです。

 

ですが、性交程度の刺激では黒ずみの原因にはなりえません。

 

もっと日常的に自身も知らずに与えている刺激「衣類の摩擦」が原因なのです。

 

パンツの締め付けや強くこすりすぎるタオルなどの刺激により黒ずみは起きてしまうのです。

 

雑な処理方法での原因

 

ムダ毛の自己処理

ピンセットやシェーバーなどで自己処理を行い、アフターケアを行わない場合も黒ずみの原因になります。

 

抜いた穴からばい菌が入り、深刻な黒ずみを作るほか感染症などの二次被害に悩まされることもあります。

 

ハイジニーナ脱毛で黒ずみは起こらず、治療の過程で自身の黒ずみを認識することが結果として悪い噂になってしまいましたが、そんなことはないので安心して治療を受けてください。

 

>>ランキングを確認する

ハイジーナの痒みで苦しまない脱毛後のケアとは?

ハイジーナ脱毛をすると見た目に綺麗に見えますし、毛を剃る事は雑菌の繁殖なども抑えて清潔になります。

 

ただ、ハイジーナ脱毛をした後に痒みが出てくる事があります。ここではハイジーナの痒み対策をまとめました。

 

保湿を心掛ける

 

保湿クリーム

ハイジーナ脱毛は光脱毛などでします。光脱毛は痛みが弱いなどの利点もありますが、肌の乾燥を招くのが欠点です。

 

光脱毛の仕組みは熱で毛根にダメージを与える事で毛が生えてくるのを抑えます。

 

タンパク質で構成されている毛を凝固させて、毛が生えてこないようにします。あるいは生えてきても頼りなく弱い毛にするのです。

 

タンパク質が凝固する時にはたくさんの水分が必要になるので、肌の水分が奪われて乾燥が起こります。

 

乾燥は痒みを引き起こす原因になりますから、保湿をする事が重要になるのです。

 

ハイジニーナの専用クリームを使ってしっかりと保湿をするようにしましょう。

 

脱毛した後のお風呂には気を付ける

 

ハイジニーナ脱毛

光脱毛の施術を受けた後には熱がこもっている状態になります。

 

ですからハイジーナ脱毛した後に1日程度は冷ます必要があります。熱があると痒みを余計に強めます。

 

そのような理由によって、脱毛したその日の入浴はNGになっている事が普通です。

 

お風呂に浸かる事で血液の流れを良くしますし、体温も上昇しやすいので脱毛した後の入浴は注意しないといけません。

 

同じような理由によりサウナを利用する事や運動、お酒を飲む事なども控えておいた方がいいでしょう。

 

それから入浴が良くない理由はもう一つあります。

 

それは脱毛してダメージを受けている肌に雑菌が入り込んでしまい炎症が起きたり、化膿する事もあるのです。そのためさらに痒みが増してしまいます。

 

風の通りがいい下着に変える

 

通気性の高い下着

ハイジーナ脱毛をすると毛が無くなり、今まで毛で守られていた肌がむき出しになります。その肌に下着などが擦れる事で痒みが発生します。

 

ですから、痒みを弱めるためには下着と肌が直接に触れる事が無いように余裕あるゆったり目のショーツにするといいでしょう。

 

また、脱毛後には肌が火照っている事と、蒸れると雑菌も増殖するのでできるだけ風の通りがいいものを着るようにします。

 

とはいえ、ずっと痒みが続く事はなく長い時でも1週間から2週間程度で慣れてきます。

 

肌が自然に慣れてきますから、それまで通気性のいい下着を着るようにしておけばいいでしょう。

 

 

ハイジニーナの毛を処理して見た目を綺麗に見せる事はいい事です。しかし、ハイジーナ脱毛は痒みを発生させる事があります。

 

場所が場所だけに人前では掻きたくても掻けません。我慢するのは苦しいですから、普段から対策をしっかりとしておきましょう。

 

>>ランキングを確認する

ハイジニーナの黒ずみクリームの効果的な使い方

ハイジニーナの黒ずみクリームは、保湿性や美白効果のある商品が多くありますが、しっかりとした使い方が大切です。

 

使用する量はとても大切

 

美白クリームの使用量

商品ごとに使用目安量が記載されているので、その通りに使うのが重要です。

 

もったいないなどの理由で、使用する量を減らすと効果が発揮しないケースがあります。

 

逆に効果を求め多く使用すると、有効生成が肌に浸透しないで流れてしまうだけなので、無駄使いになります。

 

効果を十分に発揮する為にも、使用量を守る事が大切です。

 

美白クリームの使い方について

 

美白クリームの使い方

商品により異なりますが、大半の黒ずみクリームは1日2回の朝と夜というのが多くあり、この回数も決められた通りに使用します。

 

デリケートな部分に使用するクリームなので、手がきれいな状態で使うようにするのが大切です。

 

塗る時は、力を入れてしまうと摩擦がおきてしまうので、指の腹で円を描くように優しく塗り込みます。

 

クリームを使用する期間について

 

美白クリームの使用期間

美肌化粧品や美肌効果のサプリなどもそうですが、薬ではないので即効性は無く使用を継続する事で、効果を発揮するので少し長い目で継続して使用する事が改善に繋がります。

 

ハイジニーナの黒ずみクリームは、肌の保湿性を良くして代謝を促進しながら、美白効果のある成分でメラニンの抑制や無色化をしていきます。

 

それらを踏まえ考えると、ターンオーバーが完了する3ヶ月あたりをめどに、自分に合う商品か判断するのが効果的な方法です。

 

>>ランキングを確認する

ハイジニーナの黒ずみを消す為に生活で気を付けたい3つのポイント

ハイジニーナの黒ずみ、女性なら気になる人も多いのではないでしょうか?

 

専用のクリームや治療などで黒ずみを消す方法が有名かもしれませんが、出来る事ならあまりお金を掛けずに黒ずみを消したい方もいるはず。

 

そこで、ハイジニーナの黒ずみを消す為に普段の生活で気を付けたいポイントを3つまとめました。

 

自己処理を控える

自己処理はしない

まず1つ目は、アンダーヘアの自己処理についてです。特に毛深い場合、毎日処理しているという人もいるでしょう。

 

しかし、剃刀などを使った肌への刺激が強い自己処理は黒ずみの元です。肌に負担がかかると、皮膚が色素沈着を起こし黒くなってしまいます。

 

なので、黒ずみを消したいならなるべく自己処理を控えた方が良いでしょう。

 

食生活に気を付ける

ビタミンCはメラニン生成を抑える

食生活によって、ハイジニーナの黒ずみが改善される事もあります。

 

特にビタミンCが多く含まれる果物を積極的に摂取しましょう。ビタミンCは黒ずみの正体であるメラニンの生成を抑えてくれます。

 

肌の調子を整える

乾燥は黒ずみの原因

肌の調子を整える事も黒ずみを消すのに効果的です。

 

特に乾燥は黒ずみが発生する原因になります。普段使っている化粧水やクリームで良いので、デリケートゾーンに塗り肌を保湿して下さい。

 

>>ランキングを確認する

ハイジニーナとブラジリアンスタイルの違いって?

ハイジニーナとブラジリアンスタイルの違い

「ハイジニーナ」、「ブラジリアンスタイル」……。

 

どちらもデリケートゾーンの脱毛を指す言葉ということは、知っている人もきっと多いはず。

 

でも、この2つの違いはどんなところにあるのでしょうか。
脱毛方法?それとも脱毛する部分の違い?

 

ここではそんな疑問に答えるべく、ハイジニーナとブラジリアンスタイルの違いについてお話しします。

 

結論から言うと、この2つはほとんど同じもの

 

ハイジニーナもブラジリアンスタイルも、どちらもデリケートゾーンのムダ毛を全て脱毛することを意味します。

 

ハイジニーナは「hygiene(ハイジーン、衛生という意味)」、という単語を基に生まれた言葉で、デリケートゾーンを無毛にすることで衛生を保てるという理由から名付けられました。

 

ブラジリアンスタイルはその名の通りブラジル生まれの言葉で、かの有名なリオのサンバカーニバルの際に、露出が多い衣装でもアンダーヘアがはみ出ないように脱毛する習慣があることからそう呼ばれています。

 

ちなみに、これは特定の脱毛方法を指すものではなく、フラッシュ脱毛、ワックス脱毛、レーザー脱毛などなど、どの脱毛方法でもデリケートゾーンを全て脱毛すれば、ハイジニーナ、またはブラジリアンスタイルと呼ばれるようです。

 

ハイジニーナ専門サロンで脱毛すればハイジニーナで、ブラジリアンワックスを使えばブラジリアンスタイルというわけではないのですね。

 

細かい違いがあるという説もある

 

先ほど、ハイジニーナとブラジリアンスタイルは大きく見て同じものとお話ししましたが、一部では細かく違うという意見もあるようです。

 

例えばハイジニーナは全脱毛も部分脱毛もひっくるめたVIO脱毛全てを指すとか、ブラジリアンスタイルはIラインのヘアは残すとか、細かな部分に関しては違いがあると一部で言われています。

 

この細かな点は施術してくれるサロンによって違うことが多いため、これからデリケートゾーンの脱毛をしたいと考えている人は、行きたいサロンがどんな脱毛をどんな名前で呼んでいるのかをしっかり確認しておいた方が良さそうですね。

 

親切なサロンなら事前に説明があるはずですが、万が一脱毛してから「希望していたスタイルと違う!」ということになっては大変です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。ハイジニーナとブラジリアンスタイルの違いについてでした。

 

ハイジニーナは言葉の通り衛生的な印象で、ブラジリアンスタイルはどこか情熱的な印象を受けますが、大まかな意味は同じなのですね。

 

「どちらも最近よく聞くけれど、違いがわからない!」という人は、これで疑問が解けたのではないでしょうか。

 

デリケートゾーンの脱毛を考えている方は、参考にしてみて下さいね!

 

>>ランキングを確認する

 

ハイジニーナの正しい自己処理のやり方って?

ハイジニーナの自己処理

デリケートゾーンの脱毛、つまりハイジニーナは専門のサロンでしかできないと思っている人も多いはず。

 

でも、サロンに通うのはお金も時間もかかるし、何より大事な部分を他人に見られるのはちょっと……というのが女性の本音ですよね。

 

このように、もし自己処理ができるならそうしたいという人が多いハイジニーナ。
ここで、正しい自己処理方法についてお話しします。

 

ハイジニーナの自己処理に肌トラブルは付き物

 

ハイジニーナの自己処理方法として一般的なものには、毛抜きによる脱毛、電動シェーバーやかみそりによる剃毛、ブラジリアンワックスなどがあります。

 

毛抜きを使う場合は、デリケートゾーンを清潔にしてから一本一本地道に抜くことになります。
とても時間がかかりますが、一番身近で確実な方法ですね。
ただ、毛抜き脱毛はIラインやOラインの処理の際に手元が見えにくく、きれいに脱毛しにくいというデメリットがあります。

 

かみそりによる剃毛は時間がかかりませんし、慣れればOラインなどもきれいに処理できますが、やはり脱毛よりもお肌がザラザラしてしまい、仕上がりが美しくありません。
毛穴の奥に短い毛が残っている状態になるので、ムダ毛の復活が早いというデメリットもありますね。
また、刃がお肌を傷つける可能性があり、カミソリ負けや毛嚢炎になるリスクも生じます。

 

ハイジニーナの自己処理にはブラジリアンワックスがおすすめ

 

毛抜きもかみそりもデメリットが大きい自己処理法ということをお話ししましたが、ブラジリアンワックスはデメリットが小さく、時間もかからない処理法です。

 

使い方としては、1cm以上ムダ毛が残っている状態のデリケートゾーン(事前に清潔にし、乾かしておく)にワックスを塗り、剥がしやすくするための紙を乗せて固めてから、毛の流れに逆らう方向から一気に剥がして完了です。

 

ブラジリアンワックスは一気にVIOのムダ毛を毛根から脱毛できることや、見えない部分でも処理しやすいというメリットがあります。
固まったワックスを剥がす時に痛みが生じるのは仕方がないことですが、それも何度か繰り返すと慣れるようです。

 

今では自己処理用のブラジリアンワックスが入手しやすくなっていますし、詳しい説明書付きのものも数多くあります。

 

確実にきれいに自己処理をするなら、ブラジリアンワックスがおすすめですよ。

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

総合的にみると、ハイジニーナの自己処理にはブラジリアンワックスが一番良いと思います。
毛抜きやかみそりよりはお高いですし、何だか敷居が高い感じがありますが、それでもサロンと同じ処理法だと考えると信頼度が増しますよね。

 

ブラジリアンワックスの中には、ハイジニーナで残ったワックスを鼻毛脱毛に使えるものもあるようなので、パートナーの鼻毛抜きと一緒にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

>>ランキングを確認する

 

ハイジニーナの黒ずみに良い食べ物ってなに?

ハイジニーナ黒ずみ女子

ハイジニーナにチャレンジしてすべすべのデリケートゾーンを手に入れた……と思ったら、処理後のお肌の黒ずみが目立つようになってしまって困ること、ありますよね。

 

これではせっかくムダ毛を無くしたのに無意味!とガッカリしている人もいるかもしれません。

 

そこで今回は、ハイジニーナの黒ずみを改善させる働きのある食べ物などをご紹介します。

 

ハイジニーナによってデリケートゾーンが黒ずむのはなぜ?

 

脱毛や剃毛をすると、どんな方法でもお肌にある程度のダメージが加わります。
このダメージからお肌を保護するために生み出されるのがメラニン色素。お肌の黒ずみの原因として有名ですよね。

 

デリケートゾーンはその名の通りデリケートな部分ですから、この部分にムダ毛処理のダメージが加わることによってメラニン色素が生み出され、黒ずんでしまうということです。

 

また、ムダ毛が無くなるとデリケートゾーンの大部分が下着に直接触れるようになるため、摩擦がたくさん起こってより色素沈着を起こしやすくなるという理由もあります。

 

日本人を始めとする黄色人種は白色人種よりもメラニンが生成されやすく、少しのダメージでも色素沈着が起こりやすい傾向があります。
ハイジニーナによってデリケートゾーンが黒ずむのは、ある程度は仕方のないことと考えた方が良さそうです。

 

黒ずみ対策に良いとされる食べ物は「ビタミンACE」を含むもの

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策としては、ムダ毛処理時のダメージを最小限にする、お肌に優しい素材の下着を着用する、そして美白クリームなどを活用するほか、栄養摂取によって身体の内側から黒ずみにアプローチするという方法があります。

 

例えば、ブロッコリーや芽キャベツ、かんきつ類などに含まれるビタミンCはメラニンの生成を抑え、既に起こった黒ずみを薄くする働きがあります。

 

また、人参や小松菜、ホウレン草に豊富に含まれるビタミンAは粘膜の修復を助け、肌荒れを防いで色素沈着を起こりにくくします。

 

他には、抗炎症・抗酸化作用の高いビタミンEもおすすめです。
ビタミンEは脂溶性ビタミンのため、アボカドやナッツ類に多く含まれています。

 

これらのビタミンを合わせて「ビタミンACE」と呼ばれています。
ビタミンACEは美白はもちろん、アンチエイジングや免疫力の向上にも役立つとされています。

 

食べ物から摂るのなら、別々にではなく3種のビタミンを同時に摂った方が相互作用が期待できるそうですよ。

 

まとめ

 

デリケートゾーンの黒ずみは、場所が場所だけにちょっと他人には相談しにくいですよね。

 

下着で隠れる部分までキレイになろうと行ったハイジニーナのせいで黒ずんでしまったのなら、なおさらショックを受けると思います。

 

でも、地道なお手入れと栄養摂取を頑張れば、少しずつ黒ずみは薄くなっていくはずです。
せっかくハイジニーナデビューしたのですから、完璧なデリケートゾーンを目指しましょう!

 

>>ランキングを確認する

 

ハイジニーナの正しい保湿ケアはどうすればいいの?

保湿クリーム

サロンで、またはセルフでハイジニーナ脱毛を行った後、お肌のお手入れはどうすれば良いのでしょうか。

 

脱毛は思いのほかお肌にダメージを与えるため、適切なケアをしなければ黒ずみや肌トラブルの原因となってしまうのです。

 

そこで今回は、ハイジニーナの後のお肌のケアについてお話しします。

 

ハイジニーナはお肌にたくさんのダメージを残してしまう

 

ハイジニーナには、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ブラジリアンワックス、毛抜きやかみそりによる剃毛までたくさんの方法があります。

 

レーザーやフラッシュ脱毛は機器からの熱がお肌を乾燥させますし、比較的ダメージが少ないと言われているブラジリアンワックスや毛抜きによる脱毛も多少はお肌を痛め、色素沈着の原因になりやすいです。

 

かみそりを使用する場合はもっとダメージが大きく、ムダ毛と一緒にお肌の角質までそり落としてしまいます。
その後にお手入れをせずに放置してしまっては、乾燥だけではなく化膿やかゆみ、かぶれなどの重大な肌トラブルに発展しかねません。

 

ハイジニーナは衛生のためだけではなく、見た目の美しさを求めて行う人が多いものですから、事後処理までしっかり行って初めて完了すると思った方が良さそうです。

 

ハイジニーナ後は「保湿」が重要

 

デリケートゾーンは足や腕などと違いとても敏感な部分ですから、これらの部分と同じケアで良いわけはありませんよね。

 

ハイジニーナ後にはなるべく保湿を心がけ、お肌を乾燥させないようにしましょう。
乾燥肌になると下着のこすれなどの二次的なダメージを受け、黒ずみが起こりやすくなってしまいます。

 

保湿のためには、顔用の基礎化粧品を使うのではなく、デリケートゾーン専用の保湿クリームやジェルなどを使いましょう。
専用品は美白効果があるものも少なくないので一石二鳥ですよね。

 

また、シャワーの浴び方にも注意が必要です。
脱毛によってダメージを受けたお肌は、ちょっと熱いくらいのシャワーでも皮脂が流れてしまうため、入浴後により一層乾燥が進みやすいです。
脱毛直後はシャワーや浴槽の温度を低めに設定した方が良いでしょう。

 

洗う際も洗浄力が強いボディソープではなく、デリケートゾーン専用石鹸を使うのがおすすめです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
ハイジニーナ脱毛の後のデリケートゾーンのスキンケア方法についてお話ししました。

 

どんな脱毛方法であれ肌ダメージは避けられないものなので、サロンによっては施術後にアフターケア用の保湿クリームをくれるところもあるようです。

 

また、脱毛する前からお肌を健康にしておくことでも、施術後のダメージを小さくできますよ。

 

せっかくハイジニーナをするなら、アフターケアもバッチリ行いたいですね。

 

>>ランキングを確認する

 

VIO脱毛している女性の割合って多いの?

ハイジニーナ経験のある女性の多さにビックリ

最近、「VIO脱毛してます!」と公言する芸能人やモデルさんが増えてきましたよね。

そのせいか一般女性の間でもVIO脱毛が普及しつつあると言われています。

 

でも、有名人の間で流行っているだけで、普通の人は処理していないのが普通なのでは?という疑問も捨てきれません。

 

そこで、VIO脱毛をしている女性の割合がどんなものか調べてみました。

 

日本では、75%の女性がVIO脱毛の経験ありと答えている

 

日本人女性の中では、VIO脱毛の経験がある人はなんと全体の75%、3/4にも上るというデータがあります。

 

ただ、これは水着になる前にVラインを整える程度から無毛状態のハイジニーナまで全てを指す割合なので、それは多くなって当然かもしれません。

 

日常的にVIO脱毛を行っている女性はそれよりちょっと少なくなり、約半数くらいの割合だそう。

 

ちなみに、ハイジニーナの女性はそれほど多くないですが、ひそかに増え続けていると言われています。
これは、サロンで行うVIO脱毛の価格が下がり、身近になってきたという理由が背後にあるようですね。

 

冒頭でもお話しした通り、ハイジニーナを公言している芸能人やモデルさんへの憧れも普及に一役買っていると考えられます。

 

一般人はグラビア撮影の機会は無いにしても、ハイジニーナは衛生面やファッション上のメリットが大きいものですから、「勇気を出して試して良かった!」という女性は多いようです。

 

今後はもっとVIO脱毛が普及していくはず!

 

アンダーヘアの形を整える程度の脱毛からハイジニーナまで、これからはさらに普及していくと言われています。

 

現在の欧米では日常のVIOのムダ毛処理が当たり前で、処理をしない人の方が珍しいくらいだとか。
日本は様々な欧米文化を受け入れて成長してきている国ですから、きっとVIO脱毛も徐々に浸透していくのではないでしょうか。

 

また、意外なところで高齢女性のVIO脱毛も増えているそうです。
これは、老いに備えてムダ毛を無くし、万が一寝たきりになっても衛生管理をしやすくするためと、介護人に見られることを考慮してのことだとか。
いくつになっても女性ですから、気になる部分はお手入れしておきたいですよね。

 

このように、ファッション以外の理由でもその価値が認められつつあるVIO脱毛が、日本でも当たり前になる日は近そうです。

 

まとめ

 

VIO脱毛の経験者が75%という数字は意外に多く感じますよね。
でも、まだまだ欧米に比べると日本人はムダ毛処理への意識が甘いと言われています。

 

日本は欧米に比べて温泉や銭湯文化のせいで知らない人に全裸を見られる機会が多く、その時に好奇の目で見られることを恐れる人も多いようです。

 

でも、いずれは昔の日本人が着物から洋服に着替えたように、便利さとファッション性が高いVIO脱毛が普及していくのは容易に想像が付きますね。

 

>>ランキングを確認する

 

医療脱毛クリニックでVIOの黒ずみは消せるの?

VIO医療脱毛

VIO脱毛をするとデリケートゾーンが黒ずむということは、何となくわかりますよね。

 

でも、その逆で、医療脱毛クリニックには、脱毛をすることで同時にデリケートゾーンの黒ずみを薄くすることができる技術があるのだとか。

 

もし本当なら、黒ずみにお悩みの人は是非試してみたいですよね。

 

今回は、医療脱毛で黒ずみを消すとはどういうメカニズムなのか調べてみました。

 

脱毛と同時に黒ずみにアプローチする「レーザー脱毛」

 

黒ずみを消せると言われているのは、脱毛方法の一つであるレーザー脱毛です。

 

これは、VIOにレーザーを照射してメラニンを反応させ、生じた熱によって毛根を死滅させるというメカニズムなのですが、毛根だけではなく皮膚のメラニン色素にも反応し、色素を破壊することもあるのだそうです。

 

さすがに一回の施術で真っ白なお肌になるということはありませんが、レーザー脱毛を続けるうちに少しずつVIOの黒ずみが薄くなってきたという実感が得られた人が多いようです。

 

ちなみに、レーザー脱毛は特に「医療脱毛」と呼ばれ、医師がいるクリニックでしか扱えない強いレーザーを照射します。
この強いレーザー脱毛でなければ黒ずみ消しの効果は期待できませんのでご注意くださいね。

 

レーザー脱毛で黒ずみが薄くなる理由はこんなところにも

 

レーザー脱毛が黒ずみを消すと言われている理由はそれだけではありません。

 

これはVIOのお手入れをセルフで行っている人に限ったことになりますが、エステサロンやクリニックに頼らずにVIOゾーンのセルフケアを続けていると、度重なる自己処理によってお肌がダメージを受け、そのせいで黒ずんでしまうことが多いです。

 

そんな人がクリニックでのレーザー脱毛をすると自己処理の必要が無くなり、お肌に余計な負担をかけることが無くなるために黒ずみの進行が止まります。
また、それだけではなく新しい白いお肌の生まれ変わりが促されると言われています。

 

また、レーザーの強い力によって毛根が死滅すると毛穴が引き締まり、その影響でお肌のキメが整って見え、色調が明るく見えるという効果もあります。

 

レーザーによる色素の破壊だけではなく、長期的に見て色素が溜まりにくいお肌が作られるということですから、これは是非試してみたいですよね。

 

まとめ

 

VIOの脱毛をするとお肌にダメージが加わり、当然黒ずみも起こりやすくなるものだと思われがちですが、実際はそうとは言い切れないのですね。

 

医療脱毛ということは医師がいないとできない専門的な施術ということですから、信頼度も高そうです。

 

VIOのムダ毛と黒ずみ両方にお悩みの方は、一度医療脱毛クリニックで相談してみてはいかがでしょうか。

 

>>ランキングを確認する